こども好きに適職な保育士になる方法は二通り


条件は一つ。資格を取ればいいのです

共働き世代が増えるにつれ需要が続々と増加し続けている保育園ですが、併せて保育士の需要も増加しています。ですが、施設さえ作ればすぐに開園ができるというわけではなく、保育士の資格を持った職員がいなければなりません。保育士として働きたくて求人に応募をする場合も、最低限この資格が必要なので二の足を踏んでしまっている方もいることでしょう。では、この資格を取るにはどのような方法があって、条件等はどうなっているのでしょう。

保育士資格試験に合格する

資格の取得なのですから当然試験があります。試験のスケジュールは各都道府県で年一回しかありませんので、資格を取る予定があるのでしたら早めに準備や勉強を進めておいた方がいいでしょう。試験の実施日は全都道府県で同じ日となりますので別の県でもう一度受験をするという方法はとれません。試験を受けるための条件や、実施の日程やあらかじめ提出が必要な書類についての情報は、各都道府県庁の保育士試験係、または全国保育士養成協議会に問い合わせましょう。

保育士養成学校を卒業する

何かしら試験を受けるための条件に合わなかった場合や、実践的な指導を受けてから保育士としての仕事に就きたいと考えられているなら保育士養成学科のある学校を卒業することでも保育士の資格を得ることができます。対象の学科であれば大学、短大、専門学校で条件が変わるということはありません。また、これは試験で資格を取得した場合もそうなのですが、資格を取得した後に各県庁に保育士としての登録が義務付けられています。資格取得後や引越し後などにはすぐに登録をしましょう。

保育士の求人を大阪で探すにはネットの求人サイトを利用しましょう。職種や勤務地など、希望の条件で検索すると求人が表示されます。求人先の概要をよく調べて問い合わせましょう。

保育士の求人の豊中市を調査